「家族史上最高のおでかけしよう」をキャッチフレーズに、日産自動車では新型セレナe-POWERを2018年3月に新発売しました。

新型セレナ「eパワー」は、ガソリンエンジンを発電機として利用して、モーターを発生した電気で回して走る方式のハイブリッド車(HV)技術を搭載しています。

電気自動車(EV)のようにモーターの力で走りますが、充電をする必要がなく、ガソリン車と同じように給油するだけで走ることができ、また、アクセルを踏む力を緩めるだけで、大きく減速する特徴もあります。

今回は新型セレナについて解説します。

スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

新型セレナe-POWER/価格と装備

新型セレナe-POWERの価格と装備について紹介します。

次に記載してある数字は、

1. グレード
2. 駆動方式
3. エンジン+
4. 見積価格
5. 燃費消費率

を表しております。

1.e-POWER X
2.2WD
3.EM57+HR12DE(e-POWER)
4.2,968,920円
5.26.2 km/L

1.e-POWER ハイウェイスター
2.2WD
3.EM57+HR12DE(e-POWER)
4.3,178,440円
5.26.2 km/L

1.e-POWER XV(防水シート車)
2.2WD
3.EM57+HR12DE(e-POWER)
4.3,161,160円
5.26.2 km/L

1.e-POWER ハイウェイスター V
2.2WD
3.EM57+HR12DE(e-POWER)
4.3,404,160円
5.26.2 km/L

1.e-POWER ハイウェイスター V(防水シート車)
2.2WD
3.EM57+HR12DE(e-POWER)
4.3,436,560円
5.26.2 km/L


1.e-POWER AUTECH
2.2WD
3.EM57+HR12DE(e-POWER)
4.3,821,040円
– km/L

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena_02.html?sclisid=LS_TIJ_U1_GO_GLIS_PC_00399132

続いてセレナの装備品について解説します。

最初に全グレードの共通の標準装備品です。

 全グレード共通の標準装備

・スーパーUVカットグリーンガラス(フロント)
・プライバシーガラス(UVカット断熱機能付)(スライドドア、リヤクォーター、バックドア)
・車速感応式電動パワーステアリング
・チルト・テレスコピックステアリング
・パワーウインドウ(フロントドア・スライドドア)
・大容量ラゲッジアンダーボックス
・ルームランプ(マップランプ兼用)
・USB電源ソケット(前席1個)
・電源ソケット(DC12V)
・運転席シートリフター
・上下調整式ヘッドレスト(運転席・助手席・セカンド2個)

上記の装備が全グレードに標準装備されています。

セレナe-POWER装備(安全装備)      

セレナe-POWERには全グレードに標準装備されている装備品以外に、次の安全装備が設置されています。

ハイウェイスター

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ+LDW(車線逸脱警報)
・車両接近通報装置
・SRSエアバッグシステム(前席)
・インテリジェントはーキングアシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)

ハイウェイスターV

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ+LDW(車線逸脱警報)
・車両接近通報装置
・SRSエアバッグシステム(前席)
・インテリジェントパーキングアシスト…オプション設定
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)…オプション設定

スポンサーリンク

新型セレナ/グレードの種類と装備

日産 新型セレナe-POWERには、以下、二つのシステムが標準装備されています。

1.インテリジェントエマージェンシーブレーキ
フロントカメラで前方車両や歩行者を検知し、警告と自動ブレーキで衝突の危険を回避するシステム

2.ハイビームアシスト
フロントカメラで先行車や対向車、周囲の明るさを検知し、自動でハイビームとロービームの切り替えを行ってくれるシステム

ミニバンにこれらのシステムが装備されているのはかなりお得だと思います。

また、先進技術・予防安全装備については、グレードによって、メーカーオプションで設置されています。

その種類について解説します。

「プロパイロット」…同一車線上における半自動運転システム

http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1607/13/sk_nissan_07.jpg

高速道路の同一車線上において機能する自動運転システムです。

単調な走行が続く渋滞時などに、ドライバーの運転負担を大きく軽減してくれます。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

「インテリジェント パーキングアシスト」…駐車支援システムhttps://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/FILES/2013/12/f52a51b89d451c.png

自動で駐車操作をしてくれるシステムです。

面倒な縦列駐車にも対応していて、簡単な操作で機能します。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカー オプションで設定されています。

「インテリジェント LI」…車線逸脱防止支援システム

運転中に意図しない車線逸脱を防いでくれるシステムです。

車線を大きく逸脱しそうになると、まずディスプレイ表示とブザー音でドライバーに警告を行い、元の車線に戻そうとする力が働きます。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

「インテリジェント DA」…ふらつき警報


https://www.nissan.co.jp/OPTIONAL-PARTS/NAVIOM/SERENA_SPECIAL/PG/IMAGES/meg0292x-low.png

ドライバーの注意力の低下を警告してくれるシステムです。

運転者のハンドル操作から注意力低下を判断し、ディスプレイ操作とブザー音で休憩を促します。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

「インテリジェント ルームミラー」…後方カメラ式ルームミラー


https://response.jp/imgs/zoom1/685125.jpg

後方カメラの映像をルームミラーに映してくれます。

車内の状況や天候に左右されず、常にクリアな後方視界を得ることが可能です。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

「インテリジェント アラウンドビューモニター」…全方位カメラ

 
https://img.goo-net.com/goo/magazine/contents/105414/419e13443bfd73cc24ed6dd39f9dee66.jpg?20180618224157

上空から見下ろしているような映像をディスプレイに映し、スムーズな駐車をサポートするシステムです。

歩行者などの移動物を検知する機能も付いており、ドライバーにブザーで警告してくれます。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

「踏み間違い衝突防止アシスト」

 
https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/serena/1802/option/serena_1802_option_cs1_002.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

ペダルの踏み間違いによる衝突を防いでくれるシステムです。

 新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカー オプションで設定されています。

「標識検知機能」…道路標識を検知する

 
http://k-sokuhou.com/wp-content/uploads/2018/04/serena-epower-gazou-000037.jpg

フロントカメラにより標識を検知する機能です。

セレナe-POWERでは3つ(進入禁止、最高速度、一時停止)の標識を認識することができ、標識に合わせた警告を行ってくれます。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

スポンサーリンク

新型セレナ/人気グレードランキング

実際に販売した台数441台のデータから調べた、実際に売れているグレードのランキングです。

グレードの数が多いため6位まで紹介します。

1位 e-POWERハイウェイスター 販売台数 125台 割合 28.3%

引用:https://n-link.nissan.co.jp/NHP1/SP/SERENA/VLP/TOP/TOP2016/QUICKGUIDE/SERENA_EPHS/EXTERIOR_COLOR02/36.jpg

2位 ハイウェイスター[マイルドハイブリッド] 販売台数 98台 割合 22.2%

引用:https://a248.e.akamai.net/autoc-one.jp/images/article/201802/22151018515_o.jpg

3位 e-POWER・XV 販売台数 86台 割合 19.5%

引用:https://i.ytimg.com/vi/-bIBAYf5d8M/hqdefault.jpg

4位 X[マイルドハイブリッド] 販売台数 57台 割合 12.9%

http://minivan-ninki.com/wp-content/uploads/2016/12/SERENA.jpg

5位  e-POWER・ハイウェイスターV 販売台数 40台 割合 9.1%

  
http://webcg.ismcdn.jp/mwimgs/0/d/730wm/img_0d723daacdcd58643e695af055bd2b2c107055.jpg

6位 ハイウェイスターVセレクション[マイルドハイブリッド] 販売台数17台 割合 3.9%

 
https://a248.e.akamai.net/autoc-one.jp/images/article/201802/22151915138_o.jpg

販売結果から見えることは、マイルドハイブリッド車は割高と考えている人が多いようなので、e-POWERに人気が集中しているということが言えます。

e-POWERハイウェイスターが2位のハイウェイスター(マイルドハイブリッド)とは27台の差をつけていて、売れていることが分かります。

また、エンジン別ではe-POWERが約6割を占めて、マイルドハイブリッド車は約4割という結果になっています。

新型セレナ/おすすめのグレードはこれ

2018年春に追加発売されたセレナe-POWER の売りは、モーターならではのスムーズな力強い加速と、高い静粛性、低燃費性能です。

セレナの売りのロパイロットを選ぶには「Vセレクション」か「G」の上級グレードを選ばないと装着できません。

現時点でコスト性能のバランスをみて、「X Vセレクション」はXグレードに特別装備を加えていますので最強の1台です。

新型セレナのおすすめのグレードについて、詳しくご紹介します。

・【S】
・【X】
・【ハイウェイスター】

まず、これらのグレードについては、以下のような新型セレナの魅力を半減してしまう点があるためおすすめのグレードから外しました。

  • 【S】はマイルハイブリッドではない
  • 超ロングスライド+横スライドがない
  • サードシートスライドがない両側スライドドアではない
  • 両側スライドドアではない
  • インテリジェントLIも装備できない
  • プロパイロットが装備できない

そして、この全てを満たしてくれるのが【Vセレクションシリーズ】と【G】なのです。

次に、グレードによる価格差を見てみます。

「S」「X」より、「X・Vセレクション」が29万円~34万円、「ハイウェイスター」より「ハイウェイスターVセレクション」が26万円程高い価格設定となっています。

価格差と搭載機能のバランスを考えると、やはり「Vセレクションシリーズ」がコスパは大幅に高いと言えます。

なお、「Vセレクション」と「G」を比べると、以下のとおり「G」が約14万円程高い価格設定になっています。

・X ・Vセレクション(2WD) 2,674,080円
・G(2WD) 2,847,960円

ハイウェイスターVセレクション」と「G」の価格差は、「G」が約7万円程高い価格設定になっており、思った以上に価格差はありません。

・ハイウェイスター Vセレクション (2WD) 2,934,360円
・ハイウェイスターG (2WD) 3,011,040円

装備面での【Vセレクション】と【G】の違いですが、エアコンがプラズマクラスターを搭載しているかどうかぐらいの違いしかなく、

このことからも【Vセレクション】が価格差を考えても、おススメなのです。
 
上記の結果から、

  • おすすめグレードなら【ハイウェイスターVセレクション】
  • コスパ重視なら【X・Vセレクション】

という判断をしました。

いろいろな見解があると思いますが、車を購入する際の参考にしてもらえれば幸いです。

アイキャッチ画像出典:http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2018/02/s_180227-01-01-source.jpg

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型のセレナは、電気の走りと自動車運転技術を搭載し、かつ、7人乗りも8人乗りも自在にシートアレンジできる便利な車です。

ミニバンクラスNo.1の広さで、2世帯が快適に乗ることもでき、家族にとってもうれしい車ですよね♪

さらに、一昔前は先進機能だったハイブリッドシステムや自動運転技術がセレナには当たり前

調べていくうちにどんどん欲しくなってきますね。

でも、いざ買うとなると…

「新車はもちろんほしいけれど、家計が苦しいしとても手が出ない。」
「頭金とボーナス払いなしであればなんとか払えるかも…」
「うまく値引き交渉したいけれど自信がないし…」
「たくさんディーラーを回るのはとても時間がない…」
「ディーラーに行くと、ぐいぐいと売り込まれるのが苦手…」
「それでも最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車好きの友人やネットから情報を集めたところで、
車の性能しか分かりません。

結局、費用的なことなんて、誰もはっきり分からず、
欲しい車に手が届かないのです。

そんな悩みをかかえる方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサーリンク