現在、ファミリーカーとして様々な種類の車が発売されています。

ファミリーカーを購入するにあたって見るところは実燃費やデザイン、車内の広さなどありますが今回は実燃費について説明します。

車種は、NISSANのファミリーカー、新型セレナ(C27)に焦点をあてました。

スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

新型セレナ【C27型 2016年~】実燃費は?

まず、実燃費とはカタログに書いてあります「カタログ燃費」のことではなく、「実際に車を運転した時の燃費」になります。

セレナの実燃費については平均9.74km/L(参考:みんカラ)となっております。

参考までにグレードごとのカタログ燃費を書きます。

・セレナS  15.0km/L
・セレナX  17.2km/L
・セレナG  16.6km/L
・セレナ XVセレクション 16.6km/L
・ハイウェイスター 17.2km/L
・ハイウェイスターVセレクション 16.6km/L
・ハイウェイスターG 16.6km/L

引用:http://kakaku.com/item/K0000902768/catalog/

最安のセレナSを除くグレードはマイルドハイブリッドとなっておりカタログ燃費はよくなっております。

とはいっても「セレナS」と「セレナX」を比べてみると2.2km/Lの差がありますのでかなりの差がありますので同じセレナでもグレードが重要になると感じます。

また、カタログ燃費から実燃費は約60%になると考えられています。

スポンサーリンク

新型セレナ【C27型 2016年~】ライバル社と実燃費を比較!

セレナのライバルとなる車はファミリーカーのほとんどになります。

ここではその中でも人気のある4つを選びました。トヨタのノア、ヴォクシー、エクスファイヤ、ホンダのステップワゴンです。

まず、それぞれの実燃費から見ていきます。

<トヨタ>
ノア 9.88km/L
エクスファイヤ 11.54km/L
ヴォクシー 10.36km/L

<ホンダ>
ステップワゴン 9.08km/L

参考:https://minkara.carview.co.jp/car/honda/step_wagon/nenpi/

となっております。

なお、これらのライバル車についても、実燃費はセレナと同じくカタログ燃費の約60%と言われています。

おおむね、セレナとあまり変わりませんが、エクスファイヤに関しては、セレナの実燃費(9.74km/L)と比べてみると約2km/L良い値となっています。

但し、実燃費による差なのでグレードの違いとも言い切れない点があります。

実燃費は車の状態(カスタマイズなど)や運転方法(加速する回数)・道路状況(高速道路や渋滞)などで左右されてしまうからです。

最近、導入されたカタログ燃費の測定方法である「 JC08モード 」では、測定する平均時速や最高速度が高くなり、エンジンが冷えた状態からの計測なども行われ、より実燃費に近い状態となりました。

そのため、カタログ燃費も合わせて参考にするのがよいと考えられています。

エクスファイヤのカタログ燃費は14.8km/L~16.0km/Lの範囲となっています。

これは先に述べたセレナのカタログ燃費の15.0km/L~17.2km/Lと比べるとよくないほうです。

カタログ燃費も合わせて判断すると、他の会社のファミリーカーも似たような水準となり、ライバル車と比べてセレナの燃費が極端に劣るということはありませんでした。

スポンサーリンク

新型セレナ【C27型 2016年~】実燃費の口コミ・評価は?

口コミや評価を見てみますと燃費の部分ではまずまずという評価が多いです。先ほど記載しました実燃費とほぼ変わりはなく高速を走行した際には燃費が伸びるとういう意見が多いです。

口コミ情報によると、

  • 普段は近所への買い物や送迎が多いので、どうしても燃費が悪く感じます。
  • ネットで燃費向上のテクなども調べましたが、あまり変化はありませんでした。
  • 運転もしやすいし、社内も広くて快適で申し分ないのですが、あとは燃費かな?と思います。
    特に長期休暇では家族で遠出することが多いので、燃費が良ければ交通費はもっと安くなります。

などの口コミがありました。

しかし、これらの口コミはファミリーカー全般にいえる評価になると思います。

他にも、

  • 北海道で借りているレンタカーである新型セレナが我が家のファミリーカーと比べると燃費が良すぎて未知の世界の乗り物みたいだ。
  • セレナがとんでもない燃費を叩き出しました。80km/hほどで高速を走行したからだと推測されます。

といった口コミもありました。

やはり北海道の道路や高速道路ではかなり伸びるようです。

新型セレナ【C27型 2016年~】の実燃費のまとめ

セレナの実燃費についてまとめますと他社のファミリーカーと大差なく燃費を軸にして車を選ぶのはおすすめできないと思います。

しいていうならば高速道路をよく乗るのであれば実燃費の評価が高いものが多いため、今回紹介しております新型セレナはよいと思います。

しかし、街乗りが多いのであればファミリーカーを検討の際は、実燃費はあまり気にせずデザイン、車の広さなどを考えていくべきです。

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型のセレナは、電気の走りと自動車運転技術を搭載し、かつ、7人乗りも8人乗りも自在にシートアレンジできる便利な車です。

ミニバンクラスNo.1の広さで、2世帯が快適に乗ることもでき、家族にとってもうれしい車ですよね♪

さらに、一昔前は先進機能だったハイブリッドシステムや自動運転技術がセレナには当たり前

調べていくうちにどんどん欲しくなってきますね。

でも、いざ買うとなると…

「新車はもちろんほしいけれど、家計が苦しいしとても手が出ない。」
「頭金とボーナス払いなしであればなんとか払えるかも…」
「うまく値引き交渉したいけれど自信がないし…」
「たくさんディーラーを回るのはとても時間がない…」
「ディーラーに行くと、ぐいぐいと売り込まれるのが苦手…」
「それでも最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車好きの友人やネットから情報を集めたところで、
車の性能しか分かりません。

結局、費用的なことなんて、誰もはっきり分からず、
欲しい車に手が届かないのです。

そんな悩みをかかえる方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサーリンク