2018年3月、日産の人気ミニバン新型セレナ e-POWERがついに発売されました。

新発売されたこの新型モデルは、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのステップワゴンを超える燃費の良さを備えている点が大きな魅力です。

そんな魅力的なセレナe-POWERのカタログ燃費(JC08モード)は「26.2 km/L」で、ミニバンの中でもトップレベルの燃費となっています。

でも、実際のところ「実燃費」はどのくらいなのでしょうか?

”カタログ燃費はあてにならない”という意見も多いので、実際の燃費や季節による燃費の変動、他社との比較などについて、調べた情報をご紹介します。

スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

セレナ e-POWERの実際の燃費は?

セレナe-POWERの実燃費は果たして良いのか悪いのか、

セレナの実燃費のデータを「e燃費」サイトなどの燃費情報に基づいて、以下、3つのポイントでご紹介します。

  • e-POWERのカタログ燃費と実燃費の比較 
  • e-POWERとセレナSの平均燃費比較
  • セレナ e-POWERとセレナSの月別燃費比較

e-POWERのカタログ燃費と実燃費を比較すると

グレード カタログ燃費 実燃費(平均) 燃費達成率
ハイウェイスター 26.2 km/L 16.94 km/L 64.7%
オーテック 公開なし 15.07 km/L
X/XV 26.2 km/L 17.65 km/L 64.3%

燃費達成率(カタログ燃費÷実燃費)を見ると、ハイウェイスターなどの上位グレードとXやXVのノーマルグレードで大きな差はなく、どちらも65%前後となっています。

「65%前後の値」というとあまりよろしくない燃費達成率に見えますよね。

比較のため、良く知られる代表的なハイブリッドカーの燃費達成率を見ると・・・

<トヨタプリウスα、ホンダフィット>
⇒ 7割

<ホンダ ステップワゴン>
⇒ 6割

という結果でした。

この結果からみると、ハイブリッド車は6割~7割が多く、セレナの燃費達成率(6.5割)が極端に悪い数値ではなく、平均的な数値であることがわかります。

※e燃費の燃費達成率から引用

セレナ e-POWERとセレナSの平均燃費を比較すると

続いて、セレナe-POWERとセレナS(Sハイブリッド)の燃費を比較してみました。

セレナSハイブリッドは、2012年にスマートシンプルハイブリッド技術を搭載した車として世に出ました。

新型ハイブリッドの「e-POWER」とスマートシンプルハイブリッド(Sハイブリッド)の燃費の実力差は大幅にあるのでしょうか?

燃費 e-POWER X  Sハイブリッド
カタログ燃費 26.2 km/L 15.0 km/L
実燃費(平均) 17.65 km/L 10.0km/L
燃費達成率 64.3% 66.0%

燃費達成率を見るとセレナSハイブリッドが良いように見えますが、カタログ燃費はセレナSハイブリッドよりもはるかに低燃費ですね。

また、セレナe-POWER はミニバン全体で見てもトップクラスのカタログ燃費となっています。

高速道路など渋滞のないフラットな道路などでは、セレナe-POWER が圧倒的に勝つのではないでしょうか。

セレナ e-POWERの月別燃費比較

次に月ごとの燃費はどうなのか、「みんから」サイトの記録から調査してみました。

以下の表はユーザーが実際に給油(レギュラー)した平均燃費です。

  4月 5月 6月

 e-
POWER

18.09 km/L 17.28 km/L 16.51 km/L

今年3月に発売したので4月以降のデータしかありませんが、6月に向けて右肩下がりに燃費が落ちていますね。

夏のエアコン使用などの影響が顕著にあらわれているようです。

但し、次の表のセレナSハイブリッドの同月の結果と比べると、e-POWERの燃費は平均6km高い燃費で推移しています。

  4月 5月 6月
セレナS
11.02
km/L
11.46
km/L
10.97
km/L

燃費が落ち込む夏でもe-POWERの燃費が高いのはうれしいことですね!

スポンサーリンク

セレナ e-POWER VS ライバル2車(トヨタのノア、ホンダのステップワゴン)との比較は?

次に、気になるライバル車(トヨタのノア、ホンダのステップワゴン)との実燃費を比較してみました。

実燃費はここでも「e-燃費」のサイトの値を参考にしています。

燃費 セレナ

ステップ

ワゴン

ノア
カタログ燃費

26.2

km/L

25.0

km/L

23.8

km/L

実燃費

(平均)

17.65

km/L

17.3

km/L

16.4

km/L

燃費達成率 64.3% 69.2% 68.8%

「実燃費」ではセレナe-POWERが一番よく、次いでステップワゴンが続きます。

e-POWERは街中での燃費の悪化、エンジンやモーター出力が抑えられていることが実燃費の良さに繋がっていることが考えられます。

なお、「燃費達成率」は大きな差はないものの、ステップワゴンが一番よい結果でした。

ステップワゴンは、エンジンやモータ出力が大きく加速が良いため、燃費&パワーを求める場合、ステップワゴンを選ぶ人が多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

セレナ e-POWERの高速での燃費の実態は?

セレナe-POWERを高速で走行した場合、カタログ燃費に近い実燃費のパフォーマンスが出るのか、実際に走行した人の情報をネットで調べてみました。(注:あくまでもひとつの参考データなので、天候や混雑状況などの左右されます)

  • 走行した車種 セレナe-POWER  2WD(FF)

実燃費⇒ 18.0 km/L(エコモード:18.8 km/L)

セレナe-POWERの高速道路での実燃費は、実燃費平均の「17.65 km/L」よりも上回っており、高速道路でもハイブリッドミニバンとしてはパフォーマンスが出ているほうだと思われます。

ただし、e-POWERは高速道路の巡航で燃費に有利なエンジン直接駆動モードを持たないので、上り坂や向かい風や荷重が重などの負荷がかかると、燃費の低下は大きい可能性が考えられますね。

なお、エコモードを使った際の燃費は、約5~10%の向上するようなので、基本的にはオンにすることがオススメのようです。

実際にエコモードにしたら2kmくらい燃費がよくなったというtwitter情報もありました。

セレナe-POWERの燃費の口コミ

実際にクルマに乗ってみたユーザーさんの口コミをネットで調べてみました。

燃費の良い・悪いなど赤裸々なユーザーさんの生の声はいろいろ参考になりますね。

情報を集めたところ「びっくりするほどよくは無い」という期待ハズレ的な意見もありますが、実燃費については17~20kmくらい出ており、おおむね良しとしている印象を持ちました。

ただし、e-POWERシリーズは発売されたばかりで口コミが少ないため、燃費が落ち込む真夏や冬についても情報収集していきたいと思います。

  • 4月の1ヶ月間、エアコンOFFでの燃費は平均燃費で19.9km/Lと良好。
    夏場冬場の冷暖房時にどれくらいの燃費になるのか?
    グレード:eパワーハイウェイスターv(1.2)
  • エアコンつけなければよい。エアコン付けると13km/lくらいにある。
    グレード:eパワーハイウェイスターv(1.2)
  • エコドライブが楽しみ。初めての給油で17.5km/L。
    グレード:eパワーハイウェイスターv(1.2)
  • 親戚のアルファードは8km/Lもないとのことでしたがが
    今のところ17km/Lは出ています。
    グレード:e-POWER ハイウェイスター V
  • ビックリするほどは良くない
  • 街乗りだと18km/Lぐらいかな
  • 平たんな道なら20km/Lを超えることも期待できる(ecoモード:平均18km/L)
  • 郊外で街乗りだとステップワゴンハイブリッドのほうが燃費は良いかも
  • 坂道などでは燃費は悪くなるが一般道路ではまぁ良いので全体的には満足。

セレナe-POWERの燃費のまとめ

この記事では、セレナe-POWERの実際の燃費や季節による燃費の変動、他社との比較についてご紹介しました。

まとめると、

  • 実燃費の平均は15~20 km/Lの範囲で、燃費達成率は65%前後、ライバルのハイブリッド車と比べてもほぼ遜色ない。
  • 4月~6月の燃費の推移は、夏に向かって燃費が右肩下がりで落ちていく傾向。但し、Sハイブリッドと比べると、平均6km高い燃費で推移している。
  • 口コミの実燃費とネットで調べた値はほぼ一致しており、全体的に良いとしている印象。

単純に実燃費に関して言えば及第点ではありますが、ライバルの車種と比べて「ダントツに良い」という結果ではありません。

しかし、自動運転技術プロパイロットやe-POWER Drive(アクセルペダルを戻すだけで、減速・停止する)などの先進技術を体感できるのがとても価値があると思います。

購入する際の判断の一助になれば幸いです。

アイキャッチ画像出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型のセレナは、電気の走りと自動車運転技術を搭載し、かつ、7人乗りも8人乗りも自在にシートアレンジできる便利な車です。

ミニバンクラスNo.1の広さで、2世帯が快適に乗ることもでき、家族にとってもうれしい車ですよね♪

さらに、一昔前は先進機能だったハイブリッドシステムや自動運転技術がセレナには当たり前

調べていくうちにどんどん欲しくなってきますね。

でも、いざ買うとなると…

「新車はもちろんほしいけれど、家計が苦しいしとても手が出ない。」
「頭金とボーナス払いなしであればなんとか払えるかも…」
「うまく値引き交渉したいけれど自信がないし…」
「たくさんディーラーを回るのはとても時間がない…」
「ディーラーに行くと、ぐいぐいと売り込まれるのが苦手…」
「それでも最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車好きの友人やネットから情報を集めたところで、
車の性能しか分かりません。

結局、費用的なことなんて、誰もはっきり分からず、
欲しい車に手が届かないのです。

そんな悩みをかかえる方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサーリンク