車を購入するとき同じ車でもモデル、グレードが多すぎて全く分からない。

それはセレナにも言えることで同じセレナでもモデル、グレードが多すぎます。

ニスモというのは2017年11月21日より販売開始しました車で走りやスポーティさにこだわったセレナの上級グレードになります。

 

スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

新型セレナ(c27) ニスモの注目の仕様は?

心を熱く昂ぶらせる、個性的で力強いスタイル

伸びやかに流れていく、レッドのアクセントライン

専用デザインの17インチアルミホイールと専用サスペンションがもたらすローフォルムもまた、スポーティさに磨きをかけている。

このクルマのために専用チューニングされたパワートレインと電動パワーステアリング、スポーツチューンドマフラーは、NISMOでしか味わうことのできない、心地のよい加速フィーリングと軽快な走りを約束する。

すべてが、スポーティ。

と日産セレナのホームページには書いてあります。

 

ここまで専門用語とかカタカナが多いとあんまり意味が分かりませんよね。

ニスモだけでなく大体、車の紹介というのはこういった感じの説明をされます。

ディーラーもこのまま読み上げて売ろうとしてくるので意味が分からないまま買ってしまうということもあるかもしれません。

そうなることだけは避けたいということでニスモの専用パーツを紹介します。

 

プラスチックバイザーと呼ばれるものがあります。

要するにNISMOのエンブレムです。

エンブレムにこだわりがある方は興味があるかもしれません。

NISMOプラスチックバイザー

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

 

ドアミラーカバーはNISMOレッドのカラーリングで、スタイリングをよりスポーティーに演出しております。

NISMOドアミラーカバー

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

 

ちなみにミラーにはマルチファンクションブルーミラーを採用し夜間の防眩効果と供に、親水コートにより雨天時の視界を確保し広角効果によりワイドな後方視界を確保し、ドライビングをサポートします。

 

NISMOナンバープレートリム&ナンバープレートロックはクールなブラッククロームメッキのフレームにNISMOエンブレムを配しています。

NISMOナンバープレートリム&ナンバープレートロック(純正品)

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

 

エントランスプレートはNISMO専用インテリアを引き立てるスポーティなカラーとデザインでLEDランプが点灯してNISMOロゴが浮かび上がります。

NISMOエントランスプレート

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

 

ラゲッジマットはレッドステッチ入り生地を採用しラゲッジ形状にもフィットし、統一感のあるインテイリアを実現しています。

荷物の積載に配慮して、刺繍タイプのNISMOワッペンにしています。

NISMOラゲッジマット

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

 

フロアマットにはラゲッジマットと同じレッドステッチを施し、運転席と助手席にはダイキャスト製のNISMOエンブレムをつけております。

NISMOフロアマット(NISMOエンブレム付き)

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

 

シートカバーはシート全体を保護し車内をいつでも清潔に保つことができるだけでなく、ブラック生地と赤いパイピングがスポーティな印象をしています。

 

エアロキットによる車両前後のリフトバランスを最適化すると同時にミニバン特有の横風によるふらつきを抑え、直進性の向上を目的とした空力特製の改善がされています。

写真左側がフロントアンダースポイラーで右側がリヤサイドスポイラーです。

serena nismo

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

 

キビキビした走りとシャープなハンドリングでドライバーの気持ちに応えながら、ミニバンとして後席の乗員の乗り心地へもしっかりと配慮するためタイヤ・ホイール・サスペンションを専用のものにしています。

serena nismo

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

 

ドライバーの期待に応える加速感、スポーティさを感じる加速感の持続性をコンピューターで制御する専用チューニングコンピューター、内部構造をチューニングした専用スポーツマフラーにより、加速が必要な場所で力を発揮します。

serena nismo

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

 

以上がNISMOの専用パーツになります。

デザインにこだわりぬいた車ということが分かられると思います。

また、加速がよくなるのは非常にありがたい。

加速が悪いと嘆いているファミリーカー運転者には願ってもない機能になります。

 

 

スポンサーリンク

新型セレナ(c27) ニスモの価格と燃費は?ライバル車と比較

それではみなさんが気になるNISMOの価格と燃費について紹介していきます。

価格は3,419,280円、燃費は公表されていませんが口コミを参考に約17.2km/Lとなっております。

こちらは比較しないと良いか悪いかわからないのでトヨタノアとホンダステップワゴンと比較します。

・トヨタノア HYBRID G 価格 314万円 燃費 23.8km/L

・ホンダステップワゴン  価格 330万円 燃費   25.0km/L

となっております。

比較の結果はあまりよくないです。

やはりスポーティとデザインにこだわっているため高く燃費が悪くなってしまっているのでしょう。

 

スポンサーリンク

新型セレナ(c27) ニスモの走行性は?

走行性については上でも書きました通りかなり重視してホイールやタイヤの整備をしておりますので問題ありません。

むしろミニバンの中で最強クラスになるでしょう。

ミニバンは大きいのでかなり揺れが生じますがニスモはそれがかなり緩和されています。

燃費や価格が悪い分、こちらの走行性がいいということになります。

非常に悩むところですね。

いいものは高く悪いものは安いといいますが価格が高いということはそれだけ走行性があるということです。

また何度も書きますが加速にも技術を入れていますので加速も十分な車であります。

nismo

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

新型セレナ(c27) ニスモの口コミ、良い評価と悪い評価は?

口コミの紹介になります。

 

まずは良い口コミですが

・安全整備は質が非常に高いので300万円オーバーでも文句なし

・こだわりのパーツがいくつも取り付けられているから車全体から存在感を感じる

という評価がありました。

やはり安全性、デザインが買われているように感じます。

 

悪い口コミは

・明るいボディカラーがほとんどないのは残念

・足元のスペースを生かせる装備品があればもっとよかった

となっております。

ボディカラーは多く選べるようにしたほうがいいのではないかと感じましたがデザインとの兼ね合いがあり種類が少なくなったのでしょう。

 

これらをまとめますと安全性は文句なしでいいがデザインに関してはボディカラーが選べるカラーが少ないという最大のデメリットがあるということです。

自分にぴたりのボディカラーがあれば最高なんですが。

さらに足元のスペースをいかせるものが少ないという意見もありましたがこれはミニバンはほかにかなりのスペースがあるのであまり気にしないはずです。

どうしても気になる方は参考にしてください。

 

新型セレナ(c27) ニスモのまとめ

ニスモについて書いてきましたがデザイン、走行性がアップした車であることが分かられたはずです。

今回はライバル車との比較をしましたがセレナの他のモデルやグレードと比べてみて検討するのもいいかもしれません。

ニスモを購入するときはぜひ検討してみてください。

serena nismo

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型のセレナは、電気の走りと自動車運転技術を搭載し、かつ、7人乗りも8人乗りも自在にシートアレンジできる便利な車です。

ミニバンクラスNo.1の広さで、2世帯が快適に乗ることもでき、家族にとってもうれしい車ですよね♪

さらに、一昔前は先進機能だったハイブリッドシステムや自動運転技術がセレナには当たり前

調べていくうちにどんどん欲しくなってきますね。

でも、いざ買うとなると…

「新車はもちろんほしいけれど、家計が苦しいしとても手が出ない。」
「頭金とボーナス払いなしであればなんとか払えるかも…」
「うまく値引き交渉したいけれど自信がないし…」
「たくさんディーラーを回るのはとても時間がない…」
「ディーラーに行くと、ぐいぐいと売り込まれるのが苦手…」
「それでも最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車好きの友人やネットから情報を集めたところで、
車の性能しか分かりません。

結局、費用的なことなんて、誰もはっきり分からず、
欲しい車に手が届かないのです。

そんな悩みをかかえる方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサーリンク