ハイブリッドとは、エンジンとモーターが連携することで効率がアップするシステムで燃費がよくなるというものです。

 

しかし、通常のハイブリッドでは仕組みが複雑になり、部品が増えることで、室内が狭くなるということがあります。

 

ファミリーカーの魅力としては室内の広さが大事な中、そんな部品で室内が狭くなることをさけたいということで開発されたものがS-HYBRIDです。

 

 

スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

ハイブリッドの方式の仕組みとは?

s-hyvlogo.jpg

引用:https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/shybrid.html

S-HYBRIDとは新カテゴリーのハイブリッドシステムです。

減速時の運動エネルギーを利用してバッテリーに蓄えた電力をECOモーターによる加速時のエンジンの補助駆動力やアイドリングストップ、エアコン、電装品などに再利用します。

エネルギーの使い方はセレナにおまかせです。

いつものように走るだけでエコドライブができます。

セレナ トータルエネルギーマネージメント

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

 

詳しく書きますと減速時、通常の車はブレーキを踏んで、車の運動エネルギーを熱に変えて廃棄しています。

S-HYBRIDは、エネルギー回生と呼ばれるスピードを落とす際に、運動エネルギーの一部を電気エネルギーに変換して回収します。

回収した電気エネルギーは、バッテリーに蓄えられます。

さらにS-HYBRIDは、従来より多くの電気を蓄えることができるバッテリーを備えています。

 

停止時にはアイドリングストップが働きます。

アイドリングストップとはガソリンを節約するために、クルマが自動的に判断してエンジンを停止することです

最近はほとんどの人が車に乗っている時代になっていますので街に行くと渋滞にひっかかります。

渋滞の時はガソリンをかなり使いますのでこれがないとかなり燃費が悪くなります。

エンジンを停止するといってもオーディオ、ナビ、エアコンが一緒にストップしてしまうと困りますよね。

オーディオ、ナビは大丈夫なのですがエアコンは送風になってしまいます。

エアコンを優先するにはアイドリングストップOFFスイッチを押せばなくなります。

すなわち我慢できないくらい暑い日や寒い日もOFFを押していれば燃費はよくならないが快適に過ごしたままになるということです。

 

発信加速時にもエネルギー回生でバッテリーに蓄えた電気が使われます。

トルクアシストと呼ばれるトルクが必要な発進加速時にモーターを回すことで、エンジンを助けるのです。

 

s-hyv_drive.jpg

https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/shybrid.html

 

室内を広くする技術には従来から使われているECOモーターの容量を大きくし、回生の機能とトルクアシストの機能を持たせています。

ちなみにECOモーターとは駆動することでエンジンを始動したり、エンジンをアシストする役割、必要に応じて発電を行う役割がりエネルギーを制御します。

 

s_hybrid_space.jpg

引用:https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/shybrid.html

 

他にS-HYBRID技術として

・安定した加速性能により、少ないアクセル操作で走行でき、ムダな燃料消費も抑えらるMR20DDエンジン

・走行中の転がり抵抗を低減し、燃費性能を進化させた低燃費タイヤ

・通常は前輪だけに駆動力を伝達して経済的に走行し濡れた路面や雪道などで前輪がスリップすると、最適なトルクを自動的に後輪へ伝達して、優れた走破性を発揮するオートコントロール4WDシステム

・エンジンとの協調制御により、優れた燃費性能とスムースなレスポンス、力強い走りを実現しコーナーや坂道など運転状況に応じて最適なギヤを自動的に選択するエクストロニックCVT

があります。

 

スポンサーリンク

最新モデルe-POWERとの違い

最新モデルe-POWERの大きな違いはS-HYBRIDはエンジンとモーターを使って走行するところをe-POWERではモーターのみで働きます。

e-POWER・仕組み

引用:http://car-moby.jp/161393

 

かといってe-POWERにエンジンがついてないわけではありません。

エンジンで発電をしてモーターに送りタイヤに送るという仕組みです。

完全な電気自動車だと道の駅とかによくあります充電が必要になってきますのでめんどくさくなくていいです。

エンジンがあることでバッテリーは小さく作れていることが分かります。

室内の広さを確保するためにされた工夫です。

 

 

スポンサーリンク

ライバル車とのハイブリッドの比較(価格・燃費)

ライバル社との比較になりますが同じミニバンの中で人気のある2台(トヨタノア・ホンダステップワゴン)で比較していきます。

価格の面ではグレードが多すぎて比較しにくい部分がありますがそこは適当に選んで紹介していきます。

 

それではまずは価格の面からですが一番安いグレードで比較します。

・セレナX         248万円

・トヨタノア HYBRID G 314万円

・ホンダステップワゴン  330万円

となっております。

セレナがかなり安いことが一目でわかります。

 

燃費の面ですが同じもので比較したほうがわかりやすいので同じグレードで比較します。

・セレナX         17.2km/L

・トヨタノア HYBRID G 23.8km/L

・ホンダステップワゴン    25.0km/L

となっております。燃費の面では大きな差がでてきております。

価格が安くても燃費にこれほどの違いがあるのであればよく走る人なら同じくらいの料金になるかもしれません。

今回紹介した燃費についてはカタログ燃費になりますのでこれより大体7km/Lおとしたものが実燃費になります。

ガソリン代が高くなっている今、どちらが得とは非常にいいがたいですがやはり70万円ほど差があるためセレナのほうが得であると考えられます。

 

セレナ ハイブリッドのバッテリー交換費用は?

セレナ ハイブリッドのバッテリーですが非常に高いです。

口コミをみてると5,6万円ほどかかるという意見が多いです。

ちなみにバッテリーの交換時期は3年に1度くらいになります。

すごい痛手になりますよね。

しかしそんな中、対策としてインターネットでバッテリーを購入しそれを持ち込んで交換してもらうという方法で半額以下になるというような情報がありあす。

バッテリーは交換しないといけないものなので少しでも安くなる方法で交換してください。

 

 

セレナ ハイブリッド(S-HYBRID)の仕組みのまとめ

昔はハイブリッドといえばかなり近代になったなと思ったものですが今回、紹介したハイブリッドのシステムのように様々なものがでてきております。

 

価格の面でも一番安いとなっておりました。

やはり価格が安ければいいものですよね。

 

最後に、ハイブリッドを選ぶ際はバッテリー交換の時の価格をしっかり見ることをお忘れなく。

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型のセレナは、電気の走りと自動車運転技術を搭載し、かつ、7人乗りも8人乗りも自在にシートアレンジできる便利な車です。

ミニバンクラスNo.1の広さで、2世帯が快適に乗ることもでき、家族にとってもうれしい車ですよね♪

さらに、一昔前は先進機能だったハイブリッドシステムや自動運転技術がセレナには当たり前

調べていくうちにどんどん欲しくなってきますね。

でも、いざ買うとなると…

「新車はもちろんほしいけれど、家計が苦しいしとても手が出ない。」
「頭金とボーナス払いなしであればなんとか払えるかも…」
「うまく値引き交渉したいけれど自信がないし…」
「たくさんディーラーを回るのはとても時間がない…」
「ディーラーに行くと、ぐいぐいと売り込まれるのが苦手…」
「それでも最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車好きの友人やネットから情報を集めたところで、
車の性能しか分かりません。

結局、費用的なことなんて、誰もはっきり分からず、
欲しい車に手が届かないのです。

そんな悩みをかかえる方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサーリンク