セレナの自動運転 その評判や口コミ 事故情報も紹介!

自動運転

「新型セレナ自動運転画像」の画像検索結果

 

新型セレナには日産が独自に開発した運転支援機能「プロパイロット(ProPILOT)」をオプション設定しています。

「プロパイロット」は、高速道路において渋滞走行時や長時間の巡航走行する場合にアクセル、ブレーキ、ステアリングの全てを自動的に制御する、いわゆる自動運転と呼ばれるものです。

国産車では初めて、ミニバンクラスでは世界初の自動運転技術の導入となるため、すごく注目度が高いようですね!

以下に、自動運転のレベルや口コミ・評判など通して、プロパイロットの性能や特徴をご紹介します。

プロパイロットのオプションを検討している方への参考になればと思います。

スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

新型セレナが実現した自動運転のレベルとは?

口コミや評判をご紹介する前に、セレナの自動運転のレベルについてご紹介します。(すでにご存知の方は読み飛ばしてください)

今回日産がセレナで実現した「プロパイロット」は「レベル2」に相当します。

現在レベル2を便宜上「自動運転レベル2」と呼ぶ場合があります。

「レベル2」では、車に搭載されたシステムが、全ての操作を行うのではなく、システムの位置づけはあくまで「ドライバーの補助」とされています。

ステアリング、アクセル・ブレーキ操作のうち、複数の操作をクルマが自動で行うことができます。

新型セレナでは、高速道路において単一車線内では、常に前を走っている車との車間距離を保ちながら前車に追従して走行することが可能となっています。

また、車線を外れることを防ぐシステムがあって、約30~100km/hの範囲内の速度をドライバーが設定し、その速度で車線を外れるとシステムが検知して、車線中央に戻るように、ステアリングを操作しドライバーを支援します。

日産の今後の計画では、本年2018年に高速道路において複数車線に自律走行する適用範囲を拡大し、さらに2020年には一般道路に広げるようです。

2020年には、ドライバーが運転操作を行う必要がなくなって、市街地での交差点・信号停止・自動合流・自動分岐・インターチェンジ走行を可能にするということですが、

オリンピックの年にこれが本当に実現するならすごいことですね!

以下、ご参考までに自動運転の定義について簡単にご紹介します。

日本の自動運転の定義はアメリカのSAE Internationalという非営利団体の定義を採用しています。

※SAE: 米国で1905年に自動車(オートモービル)の技術者団体、ソサエティ・オブ・オートモービル・エンジニアズ (Society of Automobile Engineers) として発祥し、1916年には「陸海空のあらゆる動力で動く自力推進の乗り物(オートモーティブ)」の標準化を推進する団体、ソサエティ・オブ・オートモーティブ・エンジニアズ (Society of Automotive Engineers) となります。
会員は技術者、企業役員、教育関係者、学生などの技術者個人です。米国自動車産業界がその活動の中心となっていますが、加入メンバーは世界中に及び、現在、およそ9万人のメンバーが参加し、その国は世界100か国近くとなっています。
引用:ウィキペディア

SAEは自動運転のレベルを0~5の6段階に分けており、「自動運転」と呼ばれるのは、レベル3~5に相当します。

レベル1とレベル2については、自動運転ではなく、ドライバーの運転を支援するシステム技術ということで、「運転支援技術」と呼ばれています。

続いて、レベル0から5までの6段階について概要と特徴を解説します。

レベル0 ドライバーがすべてを操作する

 ドライバーが全ての運転操作を行って、システムが運転操作に一切関わることはありません。
 というより、そのようなシステムが元々設置されていないノーマルな車がレベル0です。

レベル1【運転支援】システムがステアリングの操作、速度の加減のどちらかをサポートする

 次のシステムのいずれかが備えられた車のことをいいます。

  • システムが車線から外れようとすることを検知すると、ステアリングを操作し車線中央に戻るようにドライバーを補助する。

「新型セレナ自動運転画像 車線逸脱防止」の画像検索結果

引用:https://response.jp/imgs/p/iDCaQEJkmzcUKaqFksi2PoROT0ELQkNERUZH/1219296.jpg

 

  • 自車の前を走っている車との距離を一定に保つためにスピードの調整を自動で行うことができる。

「プロパイロット画像」の画像検索結果 

引用:https://matome.response.jp/uploads/article/image/243/card_1135944.jpg

レベル2【運転支援】システムがステアリングの操作、速度の加減のどちらもサポート ★セレナのレベルはここ!

 以下、レベル1の2つのシステムが備わった車のことをいいます。
  • システムが車線から外れようとするのを検知すると、ステアリングを操作し車線中央に戻るようにドライバーを補助する
  • 自車の前を走っている車との距離を一定に保つためにスピードの調整を自動で行うことがてきる

レベル3【自動運転】 特定の場所でシステムが全てを操作し、緊急時はドライバーが操作する

 高速道路などの特定の場所に限られますが、システムによって交通状況を認知して、運転に関わる一切の操作を行います。
 緊急時やシステムが作動出来なくなった場合はドライバーが対応します。
 
「自動運転レベル3の画像」の画像検索結果

引用:https://carnny.jp/wp-content/uploads/2017/06/nissan_leaf_20171211_2.jpg

レベル4【自動運転】特定の場所でシステムが全てを操作する

 高速道路など特定の場所に限られますが、システムによって交通状況を認知して、運転に関わる一切の操作を行い、緊急時の対応もシステムが行います。

「自動運転レベル4の画像」の画像検索結果

引用:https://udn.webcartop.jp/wp-content/uploads/2018/04/webcartop_autodrive_10-680×427.jpg

レベル5【完全自動運転】 場所の限定なくシステムが全てを操作

 ドライバーが運転操作を行う必要は全くなくなり、システムがその場の交通状況を認知して、運転に関わる一切の操作を行い、緊急時も対応します。
 
「完全自動運転 画像」の画像検索結果
 
引用:https://www.photolibrary.jp/mhd2/img498/450-20161108161647201025.jpg
スポンサーリンク

新型セレナ 自動運転「プロパイロット」の評判や口コミは?

「「プロパイロット」の評判や口コミ 画像」の画像検索結果

引用:https://3.bp.blogspot.com/-vfEHMKx-

日産自動車がセレナ・オーナーを対象にプロパイロットについてアンケート調査したところ、「ゴールデンウィーク中に高速道路を利用したユーザーの97%がプロパイロットを活用した」という結果となりました。

この結果から、高速道路が自動運転「レベル2」の特性が活かされると考えられそうですね。

こで、プロパイロットを実際に使ったユーザーの評判を紹介します

<プロパイロットに対する口コミ>

— Kei (@Keitakeru)

自動運転のプロパイロットは、高速道路の使用を前提として製造されている。

プロパイロットの自動運転は、前方の車の車間距離やスピードは認識するが、信号機や歩行者は認識しないことに気をつけたい。

自動運転と聞くと大半の方が車が完全に運転を操作すると過信している場合があるので気をつけたいですね。

梶まほろ@mahoro_kaji

セレナのプロパイロットを一般幹線道で再検証。ハンドル支援はちょくちょく切れるモノの、白線が明確になれば回復。登場時よりハンドルがゆったり動く様になった。

先行車追随は停止まで含めてかなり優秀。但し完璧ではないので、一般道での検証は自己責任で慎重に。

自動運転のプロパイロットは、ハンドル支援はあくまでも運転をサポートするだけです。プロパイロットの自動運転でも、操縦は運転手が行い、システムはあくまで補助であることを認識しなければならないですね。

daisuke5523@AUTECH_23

C27セレナ試乗してきました
プロパイロットすごいな

カメラやセンサーで車や車線を認識するプロパイロットの自動運転は、視界の悪い日や天候が悪い時は、車や車線をプロパイロットのセンサーが認識しない場合が考えられます。

天候が悪い日は、万が一の時を考えてプロパイロットの自動運転を使用しないことをおススメします。

高速でのプロパイロット機能は便利です。
遠出する時は本当に楽になるし、高速から降りると自分で運転するのが面倒くさくなる位だった。
ただ高速運転中に一瞬プロパイロット機能が解除される時は焦るので慣れが必要だ。

プロパイロット本当に素晴らしい。
遠出するのに高速を使用し、プロパイロットを発動させたが、想像を超える便利さと運転の楽しさが増した。
乗らなきゃ分からない走行性能の良さがある。
ただ、プロパイロット中での自動でブレーキは本当に危ないと思い、ブレーキを踏む際は自分で踏み込んで止まるようにしている。

引用:http://review.kakaku.com/review/70100310109/%23tab/

 

「高速道路など一定速度での走行では便利で、燃費も良くなる」など、

プロパイロットの性能に関して、素晴らしいと高評価している口コミが多い一方、

「市街地では動力性能が劣るので、前車追従できない」

などのマイナス評価もあります。

しかし、システムが追従を検知するのは、レベルのところで解説したように、高速道路などを想定しているのでこれは仕方のないことなのですね。

口コミを見ると、プロパイロット使用中に危険と思うシーンもあるようですので、この点には充分注意し快適な高速走行にしたいですね。

しっかりとプロパイロットの性能や特徴を理解し、運転の最終判断は自分でするということが重要なポイントです。

スポンサーリンク

新型セレナ 自動運転「プロパイロット」装備グレードの価格は?

日産新型セレナにおいて「プロパイロット」は、セレナニスモ以外は、注文時に申し込む「メーカーオプション」となります。

以下の表はプロパイロットをオプションで申し込めるグレードと価格の一覧です。

すべてのグレードで申し込める訳ではないので、ご注意ください。

セレナの価格一覧表

<マイルドハイブリッド>

マイルドハイブリッド プロパイロット
グレード 価格[税込]  
S[ガソリン] 244万円  
X 249万円  
XVセレクション 267万円
G 285万円
ハイウェイスター 268万円  
ハイウェイスターVセレクション 293万円

ハイウェイスターG 301万円
ニスモ 342万円  
オーテック 299万円  
オーテックVパッケージ 311万円  
オーテック
セーフティパッケージ
332万円
オーテック
スポーツスペック
357万円  

<e-POWER>

e-POWER プロパイロット
グレード 価格[税込]  
e-POWER X 297万円  
e-POWER XV 313万円
e-POWERハイウェイスター 318万円  
e-POWERハイウェイスターV 340万円
e-POWERオーテック 382万円

新型セレナ 自動運転の事故情報は?

新型セレナは完全な自動運転車ではありませんが、ドライバーのかなりの負担を軽減するプロパイロットがついています。

実際には、C27型の日産セレナのプロパイロット使用中に事故が発生して注意を喚起されていますので、事例について紹介します。

試乗車がプロパイロットを使用して走行中、ドライバーが前方に停止している車を認識していたにもかかわらず、「自動車販売店員の誤った認識に基づく指示」により、ブレーキをかけなかった。

その結果、走行環境の影響から衝突被害軽減ブレーキが作動せず、停止車に追突。停止車に乗っていた2人が負傷したという。

引用: 日産「プロパイロット」使用中に事故 国交省、「自動運転」誤解に注意呼び掛け ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース

これはセールスマンが誤った情報を伝えたために、運転者が 完全に自動運転であると勘違いして起こった事故です。

プロパイロットは自動運転であるから、何もしないでも良いと誤った認識が原因と言えます。

プロパイロットは、あくまで運転の補助のシステムであって、運転操作は運転者が目視や確認を行わなければなりません。

なお、2018年7月3日の新聞紙上には、国土交通省には2017年1年間で「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)が十分に作動せずに事故に至った報告が72件報告されているとの記事が掲載されています。

全メーカーの自動ブレーキ搭載車ですから、そのうちセレナの事故件数がどれくらいあったのかは不明です。

報告された事故の中で歩行者がはねられて死亡したという痛ましい事故も1件あります。

事故の原因としては、車種ごとの規定速度を上回ったために作動が間に合わなかったケースや、暗闇や雨のため前方の障害物を検知出来なかったケースが確認されたそうです。

逆にブレーキが勝手に作動したケースは249件報告されているということです。

先ほども述べましたが、自動ブレーキは決して万能ではなく、あくまで運転の支援システムであることを認識して、運転者自らの判断で運転操作を行うことが求められています。

新型セレナ 自動運転 まとめ

いかがでしたでしょうか?

新型セレナのプロパイロットという新機能について解説してきました。

自動運転という言葉にメディアの多くが過剰に反応している傾向もあって、期待が大きな面もありますが、プロパイロットはあくまでもレベル2であって運転の補助であることを忘れてはなりません。

車のシステムに全てを任せず、最終的な運転の指示・判断はあくまで自分であることを意識することが重要です。

口コミを見る限り、プロパイロットつきのセレナを購入しているユーザーは、運転の補助であることをしっかりと理解して活用している人が多いようです。

なお、かなり先の話になると思いますが、更にシステムが進化すれば交通事故を起こさないレベル5の車も発売されることでしょう。

レベル5の安全性は無いものの、新型セレナのプロパイロットを有効活用することで、交通事故の第一当事者となる確率は大幅に下がるのではないかと考えられます。

新型セレナの購入を検討中の方へは、ぜひ、プロパイロットのオプション付きのセレナの購入をおススメします。

アイキャッチ画像出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2016/08/21-720×345.jpg

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型のセレナは、電気の走りと自動車運転技術を搭載し、かつ、7人乗りも8人乗りも自在にシートアレンジできる便利な車です。

ミニバンクラスNo.1の広さで、2世帯が快適に乗ることもでき、家族にとってもうれしい車ですよね♪

さらに、一昔前は先進機能だったハイブリッドシステムや自動運転技術がセレナには当たり前

調べていくうちにどんどん欲しくなってきますね。

でも、いざ買うとなると…

「新車はもちろんほしいけれど、家計が苦しいしとても手が出ない。」
「頭金とボーナス払いなしであればなんとか払えるかも…」
「うまく値引き交渉したいけれど自信がないし…」
「たくさんディーラーを回るのはとても時間がない…」
「ディーラーに行くと、ぐいぐいと売り込まれるのが苦手…」
「それでも最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車好きの友人やネットから情報を集めたところで、
車の性能しか分かりません。

結局、費用的なことなんて、誰もはっきり分からず、
欲しい車に手が届かないのです。

そんな悩みをかかえる方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサーリンク






ページの先頭へ