ドライブレコーダーは、交通事故が発生した時、事故発生前と後の走行中の状況を記録して、事故原因を追求したり検証したりする目的で開発されました。実際に、信号無視やあおり運転などの違反運転の結果、死亡事故に発展した例があります。

また、交通事故の発生を記録化するだけでなく、移動に伴うあらゆる事象を記録化できるので、現在、すごい速さで普及しています。

今回は、セレナのドライブレコーダーの種類や取り付けの費用を中心にご紹介します。

スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

セレナ ドライブレコーダー取り付けの工賃や費用はいくら?

交通事故の状況やドライビングを記録するドライブレコーダを取り付けたいけど、工賃や費用が気にかかりますよね。

ドライブレコーダーを取付ることの出来る場所やその工賃、ドライブレコーダーの価格について紹介します。

ドライブレコーダーは他の車の部品やメーカーのオプションの装備品などを取り付けの行うときと同様に、カーショップ、ディーラーなどに依頼して取付してもらうことができます。

ディーラーやカーショップなどの車の専門店で行うと、配線もうまく隠して取り付けてくれますので、車内の見栄えを損なうことがありません。

この作業に掛かる工賃の相場を調べてみました。

<カーショップで商品購入+取付けした場合>

カーショップで商品を購入して取り付けると工賃は3千円~1万円程度かかります。

カーショップでの取付の場合に、ネットなど他で購入したドライブレコーダを持ち込んで取り付けると、カーショップで商品を購入して取り付ける場合と比べると、約2倍程度かかる場合があります。

そのため、ドライブレコーダーをカーショップで買って取り付けてもらった方が安かったなんてことのないように、取り付ける前に確認してください。

カーショップによっては、ドライブレコーダーと工賃込みで購入できるところもあります。

セットの金額は2~4万円程度ですので、お得なこともあります。

<ディーラーで商品購入+取付けした場合>

ディーラーで商品を購入しての取り付けには 9千円~1万5千円程度の工賃がかかります。

ディーラーでは持込み取り付けを嫌がっている場合がありますが、車検や定期点検などのときにお願いすると、取り付けてくれる場合があります。

私の場合は定期点検時にお願いしましたが、ドライブレコーダーの工賃は取らないで点検費用の中で取り付けてくれました。

依頼する業者によって、持込みの工賃は異なりますので依頼する前に確認をとっておいて下さい。

<ドライブレコーダーの売れ筋は?>

ドライブレコーダーといっても、機能により価格の幅があります。

1万円を切る廉価なものもあれば、GPS内臓、高精細記録の高級品もあります。

しかし、ただついているだけで、もし、当て逃げなどにあった場合に相手方のナンバーも判読できないようであれば、意味がありませんね。

録画の画面も鮮明なことが購入の際のポイントとなりますが、そのようなことを兼ね備えているドライブレコーダーの売れ筋価格帯は、2万円台中ほどのモデルが多いようです。

セレナ ドライブレコーダーは自分で取り付け可能?

ドライブレコーダーは、取り付けが難しそうに思えますが、実は、素人の人でも取り付けができます。

しかし、車内のどんな場所にも取付け出来るのではなく法的な制約があります。

法的とは、「道路運送車両の保安基準の細則を定める告示【2010.3.29】<第一節>第39条(窓ガラス)」を指し、そこに定められていることは、「運転時の視界が確保されていること」を目的としています。

まとめると、次のいずれかの条件を満たしている場所に設置が可能です。

  • ルームミラーの裏側、かつ、陰になる箇所
  • フロントガラスの上の端から1/5(上下幅の20%)の範囲。※
    ※大体の車で、ルームミラーと同じ高さ

つまりは、ドライブレコーダーの設置場所は「ルームミラーと同じか上」であり、「ルームミラーの裏側もしくはワイパーの可動範囲」となります。

上記条件に更に加えると、

  1. ドライブレコーダーは、ボタン操作を邪魔しない位置につける
    ボタン操作を邪魔する位置に設置すると録画ができないなど、一部車の機能が使えなくなり、設置した意味がなくなってしまいます。
  2. フロントガラスに付くルームミラーの支柱がある場合
    フロントガラスの上部20%の範囲内に設置するという法規制があります。
    ルームミラーの支柱がフロントガラスに付く場合は、この範囲を逸脱する場合があるので注意が必要です。

購入する際には、詳しい店員に確認した上で、法的規制の範囲内で正しい位置に設置するよう注意しましょう。

ドライブレコーダーの取り付け方法

以下、分かりやすい取り付け方を公開している動画をご紹介します。

(※一度貼り付けに失敗しているところも含めて参考になると思います)

★動画で用いているドライブレコーダーのメーカ:KENWOOD KNA DR300

引用:https://www.youtube.com/watch?v=rtt200FHk98&feature=youtu.be&t=15
 
ドライブレコーダーの車内への取り付けは、商品についている器具を使えば簡単ですが、「電源をどこから取るかがポイントです。

シガーソケットに差し込んで電源とする方法が一番簡単ですね。

なお、シガーソケットだと配線がまる見えになってしまうので避けたい、という人には、ヒューズボックスから取る方法もあります。

しかし、シガーボックスから取る方法は、電源ヒューズを探さなきゃならないなど、一般の人では作業が難しいと考えられます。

取り付けが不安な場合はショップに依頼する手もありますので、無理の無い方法をご検討ください。

<参考情報:ドライブレコーダーの取り付け位置に関する基準>

スポンサーリンク

セレナのドライブレコーダー 日産純正品の商品とは?

セレナにドライブレコーダーをオプションで設置する際の費用は、日産の純正品で取り付け費(消費税込)を含めて38,190円~となっており、割高感があります。

そのため、車の購入時、純正品のドライブレコーダーをつけて値引き交渉を試してみるのも一つの手かと思います。

続いて日産のドライブレコーダーの詳細について紹介します。

日産純正品 ドライブレコーダー

スポンサーリンク

セレナのドライブレコーダーのタイプとオススメ商品について

沢山の種類があるドライブレコーダーの録画方法から大きく分けると、常時録画型、衝撃感知型、多機能型の3種類に分けられます。

1.常時録画型

常時録画型のドライブレコーダーは、リアルタイムに事故や運転状況などの録画しますが、記録する容量に限度があるため、古い順に過去のデータを消していくタイプです。

このタイプは衝撃とは関係ない映像も録画され常に録画しています。

<こんな方におすすめ>

交通事故状況の再現や自分のドライビング内容の分析、ドライブ風景を映像として楽しみたい方など。

2.衝撃感知型

ドライブレコーダーとして、衝撃感知型が一番最初に市場に出ています。

交事故が発生時に、事故発生の前後数十秒間のみを録画します。

内蔵のセンサーが、事故などでぶつかった衝撃を検知したその時点から数十秒間さかのぼって映像を記録します。

しかし、大きな欠点として、衝撃が少ない場合はに録画されていないことがあります。

3.多機能型

 
引用:https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=ドライブレコーダー多機能型
 
多機能型は、エンジン停止後も撮影する駐車時防犯カメラ機能のほか、車線変更警告・速度警告、カーナビ連動や静止画撮影などの機能を持っています。 今後は、この多機能型が売れ筋となるのではないかと考えられますが、欠点として、全ての機能を100%活かせるユーザーが少ないことが挙げられます。

家電商品などもそうですが、多機能すぎて使いこなせないことはありがちですよね!

続いて、ドライブレコーダーの2018年の人気・おすすめ商品を第1位~3位まで紹介します。

ドライブレコーダー人気おすすめランキング【第1位】

コムテック ドライブレコーダー ZDR-015

引用:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81rbkPJFzJL._SL1500_.jpg

参考価格: ¥ 27,300
(2018年06月現在)

この商品を販売しているコムテックはドライブレコーダーシェア率トップの企業です。

2018年8月に発売されたコムテックドライブレコーダーZDR-015は、最新型のドライブレコーダで、200万画素のカメラが前後2つに設置され、鮮明な画像で録画できます。

また、安全装備の面でも「先行車発進お知らせ機能」や「車線逸脱お知らせ機能」などの運転支援機能が充実しています。

< ZDR-015 スペック>

解像度

1,920×1,080(最大)

最大200万画素

サイズ

89(高さ)×96.5(幅)×32.5(奥行き)/mm

重量

141 g

フレームレート

29.1fps / 19.1fps ※LED信号対策済み

水平視野角

フロント115°、リヤ112°

microSDCHカード

4GB~32GB対応

録画タイプ

常時録画
イベント録画(衝撃・マニュアル)

GPS測位機能

あり

駐車監視機能

オプション

内蔵バッテリー

あり

フルHD対応
ハイビジョン録画

可能

エンジン連動

あり

タッチパネル搭載

なし

<コムテック ドライブレコーダー ZDR-015のレビュー>

  • 前後カメラセットがついておりコスパ良い。
  • 操作しやすくクリアな画質。
  • 液晶が大きめなため、後方が確認しやすい。
  • 設定が日本語で設定、操作しやすい。
  • 安全運転支援機能は、1日で鬱陶しくなり、前車発進、青信号の通知機能のみ、音声ではなくアラーム音設定で使用。
  • 使用2回で液晶ダメになったが、ハズレ品は必ずあるもの。メーカからの返却後に期待したい。
  • バックカメラは夜間ほとんど役に立たない。

ドライブレコーダー人気おすすめランキング【第2位】

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012

引用:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/918Sg7E%2BzcL._SL1500_.jpg

参考価格: ¥ 9,800
(2018年06月現在)

2016年6月に発売されたコムテックのドライブレコーダーです。

モデル的には古いですがベストセラー商品で、機能的には十分な商品です。

約1万円で購入できるなんて注目の安さだと思いませんか?

この機種と駐車監視・直接配線ユニット「HDROP-05」と組み合わせることで、エンジンがオフになった際も最大12時間録画が可能なります。

< ZDR-012 スペック>

解像度

1,920×1,080

最大200万画素

サイズ

5.7(高さ)x 2.7(幅)x 5.8(奥行き)/ cm

重量

77.1 g

フレームレート

29fps / 19fps / 9fps ※LED信号対策済み

水平視野角

109°

microSD最大対応

32GB

録画タイプ

常時録画
イベント録画(衝撃・マニュアル)

GPS測位機能

なし

駐車監視機能

オプション

内蔵バッテリー

あり

フルHD対応/ハイビジョン録画

可能

エンジン連動

あり

タッチパネル搭載

なし

<コムテック ドライブレコーダー ZDR-012のレビュー>

  • コンパクトで価格もお安く、操作も簡単で映像もきれい。
  • コストと性能のバランスがいい。
  • 衝撃録画の初期設定が少し敏感すぎる。
  • 少しの段差などの衝撃でも「衝撃録画を開始します」というのが多少鬱陶しい
  • 昼夜問わずきっちりと録画ができている。
  • 原因不明でフリーズすることがある。
  • 購入後、1年くらいで起動しなくなってしまった。
  • 始動後2.3分立たないと録画が開始されない場合がある。

ドライブレコーダー人気おすすめランキング【第3位】

ケンウッド(KENWOOD)WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830

引用:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BIkB6Pt6L.jpg

参考価格: ¥ 20,380
(2018年06月現在)

2017年11月に発売されたケンウッドのドライブレコーダー(DRV-830)は高性能のドライブレコーダーです。

約1.8倍の高解像度で記録するWQHD(Wide Quad HD)を搭載しております。

画素数が約370万画素もあることから、他のドライブレコーダーよりも明確に情報を読み取れます。

さらに録画時間も、microSDXCのスロットが2つあって、リレー録画でWQHDモードなら最長で約10時間HDモードでは最長で約26時間もの長時間、鮮明な画像で録画することが可能です。

< ケンウッド DRV-830 スペック>

解像度

2,560×1,440(最大)

動画最大約368万画素

サイズ

87(幅)×55(高さ)×35(奥行き)

重量

109 g

フレームレート

3fps/9fps/27fps

水平視野角

132°

microSDXC最大対応

128GB

録画タイプ

常時録画
イベント録画(手動・駐車)

GPS測位機能

あり

駐車監視機能

オプション

内蔵バッテリー

なし

SD対応

microSDHC/microSDXC

フルHD対応/ハイビジョン録画

可能

エンジン連動

あり

タッチパネル搭載

なし

<ケンウッド(KENWOOD)WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830のレビュー>

  • 画像が鮮明で設定が簡単で機能が豊富にある。
  • ともかく画質がきれいでよい。
  • かなり高画質。夜間に前を行く車のナンバープレートが読めた。
  • 運転機能はやはり完璧ではない。交差点で車が横断するだけで前の車が発進したと認識したり、車線逸脱検知は車線を半分またいでようやく警報が出る。
  • ドライブレコーダーへ期待する性能がほぼ満たされている。
  • きれいに録画・録音されている。
  • 駐車監視機能は感度を最大にしても、なかなか録画されずあまり意味がない。

口コミ情報のまとめ

ランキング1位~3位の口コミ情報に共通しているのは、「画像の鮮明さ」です。

夜間における録画に不安を持つ方が多いと思いますが、1位~3位のドライブレコーダーでは、その心配はないようです。

そして目に止まったのが、「お知らせ機能が少しうっとうしい」という口コミです。

ぜいたくな悩みといえるのではないでしょうか。

危険から身を守るためには、繰り返しの訓練が必要ですから、口うるさく言われていた方が、いざという時体が無意識に反応するのではないかと思います。

ちなみに、日産の純正品のドライブレコーダーは400万画素&フルハイビジョンで画像もダントツに鮮明です。

もしも、駐車中に接触された場合でも録画ができる機能もついているので、1~2万円の差であれば、最大200万画素

セレナ ドライブレコーダーのまとめ

いかがでしたか?

この記事ではドライブレコーダーを取付ける理由や取り付け工賃などについて紹介しました。

交通事故で当事者の話のつじつまが合わないという話をよく聞きます。

そんなとき、ドライブレコーダーがあれば事実をありのままに記憶しているので、早期解決に役立ってくれます。

ぜひ、ドライブレコーダーの取り付けについて検討してみてはいかがでしょうか。

アイキャッチ画像出典:http://www.drive-drive.jp/assets/data/movie/001036/1417.jpg

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型のセレナは、電気の走りと自動車運転技術を搭載し、かつ、7人乗りも8人乗りも自在にシートアレンジできる便利な車です。

ミニバンクラスNo.1の広さで、2世帯が快適に乗ることもでき、家族にとってもうれしい車ですよね♪

さらに、一昔前は先進機能だったハイブリッドシステムや自動運転技術がセレナには当たり前

調べていくうちにどんどん欲しくなってきますね。

でも、いざ買うとなると…

「新車はもちろんほしいけれど、家計が苦しいしとても手が出ない。」
「頭金とボーナス払いなしであればなんとか払えるかも…」
「うまく値引き交渉したいけれど自信がないし…」
「たくさんディーラーを回るのはとても時間がない…」
「ディーラーに行くと、ぐいぐいと売り込まれるのが苦手…」
「それでも最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車好きの友人やネットから情報を集めたところで、
車の性能しか分かりません。

結局、費用的なことなんて、誰もはっきり分からず、
欲しい車に手が届かないのです。

そんな悩みをかかえる方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサーリンク