ハイブリッドモデルとして人気のセレナe-POWER。

実際日常で使い続けていくにあたり、税金や維持費などがざっとどのくらいかかるのか、気になる点を調べてみました。

スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

セレナ e-POWER 自動車税と重量税はいくら?

引用:https://www.nissan.co.jp/EVENT/TAX/SERENA-N/

自動車税の金額は排気量ごとに決まっております。

セレナe-POWERの排気量は1200ccとなっています。

自動車税は、500cc刻みの排気量で税額が変わりますが、セレナの場合自動車税の金額は3万4500円です。

500cc刻みですので1300ccや1500ccの排気量の自動車と同じ税額と思うとなんとなく損した気分になる気もしますね…

では重量税はいくらになるのでしょうか?

セレナe-POWERの車両重量は1730~1760kgとなるため、本則税率としては重量2000kgまでの車両が支払う3万円となります。

重量税について、日産公式HPにて詳しく説明されておりますが、一定以上の「排気機能」と「燃費基準」を満たした車を対象に「自動車重量税」が25~100%減税される「重量税減税」というものがあります。

減税対象になるかどうかで支払う金額が全然違ってきますよね。

スポンサーリンク

セレナ e-POWER エコカー減税はあるの?

まず結論から言うとセレナe-POWERはエコカー減税対象車です。

しかし、その前に「エコカー減税って何?」と疑問を抱く人もいるかと思いますので

簡単に説明をしておきます。

エコカー減税とは、国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした、環境性能に優れたクルマに対する税金の優遇制度のことです。

さらに今回登場したセレナe-POWERシリーズは、免税対象にもなりますのでエコカー減税が適用された場合、自動車税が2万5500円(適応は翌年のみ)、重量税は3万円の減額となります。

ということは実質、購入時に支払う重量税は0円になります。

さらに初回車検時に支払う残り2年分の重量税に関しても免税が適応されるので、同じく0円に。

ただ、自動車税や重量税と共に支払う取得税は各グレードによって異なりますので、確認しておいた方がいいかと思います。

グレード別価格(HP参照)一覧

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

【e-POWER ハイウェイスターV】(価格340万4160円)

・エコカー減税額(所得税8万5000円)+重量税(3万円)=11万5000円優遇

・自動車税減税額2万5500円→優遇総額(14万500円)

 

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

【e-POWER X】(価格296万8920円)

・エコカー減税額(所得税7万4200円)+重量税(3万円)=10万4200円優遇

・自動車税減税額2万5500円→優遇総額(12万9700円)

 

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

【e-POWER XV】(価格312万8760円)

・エコカー減税額(所得税7万8200円)+重量税(3万円)=10万8200円優遇

・自動車税減税額2万5500円→優遇総額(13万3700円)

 

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

【e-POWER ハイウェイスター】(価格317万8440円)

・エコカー減税額(所得税7万9400円)+重量税(3万円)=10万9400円優遇

・自動車税減税額2万5500円→優遇総額(13万4900円)

引用:http://www.autech.co.jp/sv/serena_autech/index.html

【e-POWER AUTECH】(価格382万1040円)

・エコカー減税額(所得税9万5500円)+重量税(3万円)=12万5500円優遇

・自動車税減税額2万5500円→優遇総額(15万1000円)

スポンサーリンク

セレナ e-POWER トータルの維持費はどのくらいかかるの?

・維持費比較表

  エコカー減税適応 エコカー減税適応無し
自動車税 9000円 3万4500円
重量税 0円 3万円
自賠責保険+任意保険 7万8920円(4年目以降の金額) 7万8920円(4年目以降の金額)
車検費用 2万900円(4年目より) 2万900円(4年目より)
ガソリン代 7万9200円 7万9200円
駐車場 9万6000円 9万6000円
トータル維持費 28万4020円 33万9520円

新車購入時に適応されるエコカー減税を引いた維持費と、減税が適応外となった場合の1年間あたりのトータル維持費を上記表で比較しました。

エコカー減税適応時について算出すると、自動車税が9000円、重量税は0円となります。

ここに自賠責保険代が1万3040円(4年目以降は1万3920円へと増額)と任意保険が加わります。

任意保険は年齢や保証内容によって変動しますが、年間平均約6万5000円と想定します。

車検費用は手数料1800円+車検基本料約4万円の4万1800円となりますが、車検は2年に1回なので、年間コストとしては半分の2万900円となります。

また車検費用は4年目からの支払いとなります。

ガソリン代は現時点での平均リッター145円で1万km走行した場合を元に算出すると約7万9200円となります。

最後に駐車場代として月極駐車場の全国平均8000円を年間支払うと9万6000円。

減税適応時の、1年間のトータルの維持費としては28万4020円となります。

減税適応外の場合は、自動車税が3万4500円、重量税が3万円、自賠責保険が1万3920円、車検費用2万900円を合算した金額として33万9520円となります。

比べてみると、約5万5000円ほどの差額分お得ということになりますね。

セレナ e-POWER 税金のまとめ

軽自動車と比べると普通乗用車の方が高く感じられる部分もあるかと思いますが、実際燃費や免税などを考えると維持費を年数で見たときにハイブリッド車の方がお得だと言えるでしょう。

セレナe-POWERについては口コミにて車体価格が高いという声もありますが、維持費を見たときに、燃費もいいことから「買ってよかった」と最終思えるのではないでしょうか。

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型のセレナは、電気の走りと自動車運転技術を搭載し、かつ、7人乗りも8人乗りも自在にシートアレンジできる便利な車です。

ミニバンクラスNo.1の広さで、2世帯が快適に乗ることもでき、家族にとってもうれしい車ですよね♪

さらに、一昔前は先進機能だったハイブリッドシステムや自動運転技術がセレナには当たり前

調べていくうちにどんどん欲しくなってきますね。

でも、いざ買うとなると…

「新車はもちろんほしいけれど、家計が苦しいしとても手が出ない。」
「頭金とボーナス払いなしであればなんとか払えるかも…」
「うまく値引き交渉したいけれど自信がないし…」
「たくさんディーラーを回るのはとても時間がない…」
「ディーラーに行くと、ぐいぐいと売り込まれるのが苦手…」
「それでも最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車好きの友人やネットから情報を集めたところで、
車の性能しか分かりません。

結局、費用的なことなんて、誰もはっきり分からず、
欲しい車に手が届かないのです。

そんな悩みをかかえる方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサーリンク