日産の新型セレナから待望のハイブリッドモデル「セレナe-POWER」が発売されています。

今回発売されているe-POWERでは、カジュアルなデザインのノーマルモデルだけでなくハイウェイスターモデルも用意。

ふたつの違いについて詳細をご紹介します。

スポンサーリンク

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

新型セレナ e-POWER  ハイウェイスターとノーマルグレードの価格一覧

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

セレナe-POWERのノーマルモデルとハイウェイスターモデルの価格一覧については以下の通りとなります。

・e-POWER X:296万8920円

・e-POWER XV:312万8760円(防水シート車:316万1160円)

・e-POWERハイウェイスター:317万8440円

・e-POWERハイウェイスターV:340万4160円(防水シート車:343万6560円)

ハイウェイスターには、専用パーツが装着されていることにより、ノーマルモデルに比べると価格がアップしています。

また、XVモデルには防水シート車のオプションもありますので、組み合わせによって価格が異なる場合もあります。

スポンサーリンク

新型セレナ e-POWER  ハイウェイスターとノーマルグレード内装の違い

セレナe-POWERのハイウェイスターとノーマルモデルについての内装はの違いについてまとめました。

・セレナe-POWER XVの内装

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

・セレナe-POWERハイウェイスター内装

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

 

ノーマルモデルとハイウェイスターの内装の違いについて、用意されている内装色が異なります。

ノーマルモデルでは、車内が明るく感じられる「フェザーグレーと」オーソドックスな「ブラック」の2種類があり、

一方、ハイウェイスターでは、上質感あふれる「グレージュ」と同じく「ブラック」の2種類が用意されています。

それぞれ追加料金を払うことなく内装カラーを選べるので、好みの色を気兼ねなくチョイスできるのは嬉しい限りですね。

また、ハンドルについては、D型シェイプを共通デザインとして採用。

デザインは共通のため、画像だと分かりにくいですが、ノーマルモデルのハンドルではウレタン製ハイウェイスターでは本革巻きのハンドルを採用しています。

握った感触は明らかに違いますよね。

スポンサーリンク

新型セレナ e-POWER  ハイウェイスターとノーマルグレード外装の違い

・ノーマルモデル(セレナe-POWER X)

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

・ハイウェイスターモデル(セレナe-POWER ハイウェイスター)

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

ノーマルモデルとハイウェイスターモデルでは、フロントマスク部分のデザインが異なるため、見た目の印象に差が出るのがわかります。

ハイウェイスターモデルでは、3段組のフロントグリルになっているのに対して、ノーマルモデルは2段組になっています。

3段組になっているハイウェイスターの方がブルーのアクセントラインが際立つため、スタイリッシュな印象になっているかと思いました。

エアロパーツを装着

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

今回発売された新型セレナe-POWERの上位モデルといわれる「ハイウェイスター」ですが、大きな違いのひとつとしてエアロパーツの違いがあります。

ハイウェイスターには、専用デザインのフロントグリルとエアロパーツを標準装備しており、ノーマル車と比べても存在感のある見た目になっています。

専用エアロパーツ

・フロントグリル&フロントエアロバンパー

・リヤエアロバンパー

・サイドシルプロテクター

また、フロントフォグランプについては、ノーマル車は円形型に対して、ハイウェイスターは横長のワイドデザインになっているのがわかります。

タイヤ・ホイールは専用の共通デザイン

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

タイヤとホイールについては、e-POWER専用の「15インチエアロアルミホイール&タイヤ」を採用しています。

ノーマル、ハイウェイスター共通デザインになっていますが、価格やフロントデザインなども異なるため、個人的には違いがあってもよかったのでは…と疑問に思いました。

ただ、ガソリン車と異なり空気抵抗を抑えるためのフィンが採用されているため、燃費などを考えるとタイヤ自体は良いと思えます。

シートの違いや乗り心地について

・セレナe-POWER XVの内装

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

・セレナe-POWERハイウェイスターの内装

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

 

シートについても仕様されている素材に違いがあり、ノーマルモデルではざっくりとした肌触りが特徴の織物とソフトな肌触りのトリコットシートを使用。

ソファのような座り心地に仕上げているようなイメージですね。

一方のハイウェイスターのシート素材は、ぱりっとした張りのある質感と座り心地のイメージに仕上がっています。

また、ハイウェイスターのシートには光沢感のある素材を採用しているため、ノーマルモデルよりも高級感のあるデザインに仕上がっているよう。

新型セレナ e-POWER  ハイウェイスターとノーマル車の比較まとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

内装、外装共にノーマル車と違ってスタイリッシュな仕上がりのハイウェイスターモデル。

専用パーツや質感の違いから価格の差も出てきますが、長期間一緒に乗り続けるツールですので、自分の体にフィットしたデザインと上質感は選ぶ上でも大切なポイントかと思います。

価格の差はあるものの、そこまで高すぎるという印象ではありませんので、ドライブ時間が長い方や車を利用される方はハイウェイスターモデルの方がおすすめかと個人的に思います。

セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型のセレナは、電気の走りと自動車運転技術を搭載し、かつ、7人乗りも8人乗りも自在にシートアレンジできる便利な車です。

ミニバンクラスNo.1の広さで、2世帯が快適に乗ることもでき、家族にとってもうれしい車ですよね♪

さらに、一昔前は先進機能だったハイブリッドシステムや自動運転技術がセレナには当たり前

調べていくうちにどんどん欲しくなってきますね。

でも、いざ買うとなると…

「新車はもちろんほしいけれど、家計が苦しいしとても手が出ない。」
「頭金とボーナス払いなしであればなんとか払えるかも…」
「うまく値引き交渉したいけれど自信がないし…」
「たくさんディーラーを回るのはとても時間がない…」
「ディーラーに行くと、ぐいぐいと売り込まれるのが苦手…」
「それでも最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車好きの友人やネットから情報を集めたところで、
車の性能しか分かりません。

結局、費用的なことなんて、誰もはっきり分からず、
欲しい車に手が届かないのです。

そんな悩みをかかえる方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


スポンサーリンク